管理職(リーダー)行動力アップフォローアップ研修を実施しました。

8月8日(火)「管理職行動力アップフォローアップ研修」を実施しました。参加者9名でした。4月に実施しました導入研修から3ヶ月経過し、自分プロジェクト、行動改善目標の進捗状況。リーダーとしての行動に対する360°評価との違いの認識。新しい自分プロジェクト、行動改善目標の対策を1日かけて作りました。参加者の行動をレポートを通じて注視し、11月の完成研修には360°評価と自己評価が80点以上なることを目指します。

続きを読む 0 コメント

給与計算実務能力検定試験対策模擬試験講座を開催しました。

10月76日福岡市で給与計算実務能力検定試験対策模擬試験講座を開催いたしました。本試験と同じ2時間を受験後、公式テキスト、資料、パワーポイントを利用して解説講義を午後1時から午後6時まで行いました。11月5日の本試験に向けて勉強を継続してください。

0 コメント

小野事務所通信8月号を発行しました。

いつもお世話になります。社会保険労務士小野事務所です。

暑いが続きます。体調管理しましょう。

 

小野事務所8月号を発行しました。

1.平成29年度税制改正で、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ、平成30年分以後の所得税から適用されることになっています。

 

    今回から数回に分けて、ポイントを紹介します。

   

2.平成29年8月1日から、雇用保険の高年齢雇用継続給付の支給限度額、育児休業給付・介護休業給付の計算に用いる休業開始時の賃金日額の上限等が変更されます。

詳細は下記をご参照ください。

 

小野事務所通信8月号

 

続きを読む 0 コメント

小野事務所通信7月号を発行しました。

梅雨開けしました。

小野事務所7月号を発行しました。

 1. 平成30年4月1日から、精神障害者の雇用が義務化され、法定の障害  

  者雇用率の算定式に精神障害者が追加されることが決定しています。

 

2.労働時間とは、使用者の指揮命令下に置かれている時間のことをいい、使 

 用者の明示又は黙示の指示により労働者が業務に従事する時間は労働時間に

 当たる。そのため、次の①から③のような時間は、労働時間として扱わなけ

 ればならないこと。

 

 ただし、これら以外の時間についても、使用者の指揮命令下に置かれている 

 と評価される時間については労働時間として取り扱うこと。

 なお、労働時間に該当するか否かは、労働契約、就業規則、労働協約等の定 

 めのいかんによらず、労働者の行為が使用者の指揮命令下に置かれたものと

 評価することができるか否かにより客観的に定まるものであること。また、

 客観的に見て使用者の指揮命令下に置かれていると評価されるかどうかは、

 労働者の行為が使用者から義務づけられ、又はこれを余儀なくされていた等

 の状況の有無等から、個別具体的に判断されるものであること。

使用者の指示により、就業を命じられた業務に必要な準備行為(着用を義務付けられた所定の服装への着替え等)や業務終了後の業務に関連した後始末(清掃等)を事業場内において行った時間

使用者の指示があった場合には即時に業務に従事することを求められており、労働から離れることが保障されていない状態で待機等している時間(いわゆる「手待時間」)

参加することが業務上義務づけられている研修・教育訓練の受講や、使用者の指示により業務に必要な学習等を行っていた時間

詳細は下記をご参照ください。

 

小野事務所通信7月号

 

続きを読む 0 コメント

小野事務所通信6月号を発行しました。

梅雨に入りましたね。

北九州も郊外に行くと水を張った田んぼが見受けられるようになりました。

小野事務所6月号を発行しました。

中小企業の人手不足の現状・対応を中小企業白書から記載しました。

ご参考いただければ幸いです。

 

小野事務所通信6月号

 

続きを読む 0 コメント

管理職(リーダー)行動力アップ研修を実施しました。

続きを読む 0 コメント

雇用保険料率が平成29年4月から引き下がります。

平成29年3月31日国会で「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が成立しました。

 

内容は一般の事業が11/1000が9/1000となります。

下記をご参考にしてください。

 

平成29年4月から雇用保険料率が引き下がります。

 

給与計算等ご確認しましょう。

続きを読む 0 コメント

給与計算実務能力検定試験の試験監督官無事終了。

3月20日(月)14:00~16:00給与計算実務能力検定試験(2級)が開催されました。試験会場はももちパレスでした。

回を増すごとに受験者数が増えていますね、合格レベルは今回どんなものでしょうか。

育児休業している方や資格取得を目指したい方は一度内容を調べてみて下さい。

小野事務所は対策講座を開催しています。

お問い合わせはお気軽に連絡ください。

 

続きを読む 0 コメント

小野事務所通信3月号を発行しました。

梅の花も終わりに近づいてきました。

河津桜が名所では満開のようです。春がすぐそこまで近づいてきました。

年度末や新年度を控えあわただしくなりました。

小野事務所3月号を発行しました。

今年は法改正の施行や新しい法律の成立が国会で審議されています。

主な事務所通信の内容はやはり5月30日施行の個人情報保護法の施行です。

ご参考いただければ幸いです。

 

小野事務所通信3月号

 

続きを読む 0 コメント

望月人事クラブ研修に参加

少し遡りますが、2月10日(金)人事政策研究所望月人事クラブの研修に参加しました。この日は冬型の気圧配置が強まり、山口、広島、岡山の新幹線沿線は冬景色が車窓より見られました。

10:30から17:30までの研修でしたが、内容は

仕事力を高める思考力のアップです。

これまでは行動力アップを中心に研修しましたが、戦略や商品開発、組織開発を進めるうえで仮説力、分析力、構築力、表現力を身につけるための思考力のプラスの方法です。

BS法、ロジックツリー、クロスSWOTなどを研修しました。これまでの研修を確認した内容です。参加予定の方にはインフルエンザで参加できない方もおられました。小野事務所としては中小企業の事業主にご提案して研修を進めてまいります。

続きを読む 0 コメント

小野事務所通信2月号を発行しました。

ご不明な点やご質問などございましたお気軽にお問い合わせください。
続きを読む

給与計算実務能力検定試験対策講座を開催します。

3月20日(月・祝)に第7回給与計算実務能力検定試験が実施されます。

正しい給与計算の方法としくみがわかるようになります。

試験管も過去いたしましたが、年々受験者数も増えています。合格率は少し下がっているようです。

公的資格で履歴書にも記載できます。なにより、給与計算の基礎と労務管理や社会保険の適用や保険料の計算の基礎が学べます。私は認定講師および北九州事務局として携わっています。今回は北九州市で実施することになりました。

開催日  2級対策講座 平成29年3月4日(土)9:30~17:30

           北九州パレス(北九州市小倉北区井堀5‐1-3

     2級模擬試験講座 平成29年3月11日(土)13:00~18:00

 

お気軽に問い合わせください。

続きを読む

明けましておめでとうございます。小野事務所通信1月号を発行しました。

あけましておめでとうございます。

小野事務所通信1月号を発行いたしました。

平成29年1月からの制度変更を掲載。主な内容は

1.雇用保険法の改正 

れまで適用除外として取り扱っていた65歳以上の従業員が、週20時間以上働くなどの要件を満たす場合には、高年齢被保険者に該当することになるため、ハローワークへの届出が必要となります。

2.育児・介護休業法の改正

 

この改正に伴い、企業における就業規則(別途定めた育児・介護休業規程などを含む)の改定も必要となります。

3.社会保険におけるマイナンバーの取扱

 

企業から全国健康保険協会、日本年金機構(年金事務所)に提出する上記の書類については、当分の間、改正前の様式を使用する(個人番号の記入は不要)こととされています。マイナンバーに関する情報についても、引き続きお伝えしていきます。

4.所得税の配偶者控除の見直しの概要

平成2812月、自民・公明両党は「2017年度税制改正大綱」を決定しました。

最も話題を集めたのは、所得税の配偶者控除の見直しです。その他、企業の競争力強化を意識した減税措置も盛り込まれています。配偶者控除の見直しについて、概要を見ておきましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

小野事務所通信1月号

 

 

 

ご不明な点やご質問などございましたお気軽にお問い合わせください。

続きを読む 0 コメント

雇用保険の適用拡大が平成29年1月1日より開始されます。

平成29年1月1日より65歳以上の方も雇用保険の適用対象になります。

1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上雇用の見込みがある方は労務担当者の方は確認しましょう。詳しくは下記の書面をお読みください。

 

雇用保険の適用拡大について

続きを読む

管理職(リーダー)行動力アップ研修を実施しました。

11月8日(火)管理職行動力アップ研修を実施しました。参加者6名でした。グループを2つに分けて管理職の3大任務、業務分析、管理職としての行動分析、部下とのケーススタディを演習を交えて行い。最後は明日からの行動改善目標を作成しました。明日からの行動改善のチェックと次なる行動を確実に進め。業績向上、部下育成、人間力向上を身につけてください。

続きを読む 0 コメント

第6回給与計算実務能力検定試験が実施されました。

10月30日(日)第6回給与計算実務能力検定試験が終了いたしました。福岡会場はももちパレスで行われました。

皆さん出来はいかがだったでしょうか。私の知り合いも3人受験されました。感想として、勉強していれば合格点は取れると思いますが、少し大丈夫だろうと思って初めて試験を受けられた方は少しとまどったのではないでしょうか。小野事務所は公式対策講座を開催しています。資格や試験について尋ねたい方は小野事務所までおといあわせくださいね。また、試験に来年の受験を考えている方は講座利用も考えてみてください。

0 コメント

給与計算実務能力検定試験模擬試験講座開催しました。

給与計算実務能力検定試験模擬を北九州パレスで開催しました。参加いただいた皆様お疲れ様でした。本試験と同じ構成で試験時間2時間、その後解答の勉強、ポイント、覚えるべき事項などおさらいしました。

この試験は簡単そうですが、基礎知識と計算手順をしっかりしておかないと合格におぼつきません。本番は10月30日です。しっかり復習して合格を勝ち取りましょう。

0 コメント

給与計算実務能力検定試験対策講座を開催しました。

10月1日福岡市で給与計算実務能力検定試験対策講座を開催いたしました。公式テキスト、資料、計算問題をパワーポイントを合わせて午前9時30分から午後5時30分までの少し長い時間でした。皆さんお疲れ様でした。10月30日の本試験に向けて勉強を継続してください。

0 コメント

日本年金機構からの調査について

 

算定基礎届の手続きで事業所の担当者の方はお忙しい時期と思います。

 

この時期に社会保険の調査の案内が来ます。「全国健康保険協会管掌健康保険及び厚生年金保険被保険者の資格及び報酬等の調査の実施について」という通知です。

 

  1. 提出する書類は

  2. 労働者名簿、雇用契約書

  3. 源泉所得税領収証書・個人別所得税源泉徴収簿

  4. 出勤簿又はタイムカード
    上記に加えて

  5. 事業所名、所在地のゴム印及び社印・代表社印(持ち出し可能な場合)

  6. 算定基礎届等

     

    本年10月から社員数500名以上の会社には健康保険・厚生年金保険の適用拡大が施行されます。未加入の確認や報酬額が適正に申告してあるか係りが調査します。

    日頃より適正に処理し、申告しましょう。いずれ、マイナンバーが年金関係にも運用が始まります。大変ですが会社のコンプライアンス遵守を徹底しましょう。

 

人事政策研究所の研修に参加しました。

管理者向け行動力アップ研修

続きを読む

給与計算実務能力検定試験の試験管を致しました。

3月21日(月)給与計算実務能力検定試験の試験管を致しました。試験会場は福岡会場はももちパレスでした。試験時間は14:00~16:00 今回で3回目の試験管ですが、無事終了できてほっとしています。この資格は公的資格で履歴書にも記載ができます。今回5回目の試験ですが、毎回受験者数が増えています。特に女性の方が多く、8割くらいです。今回は2級の試験ですが、1級もあります。1級は年1回昨年は11月に実施されました。小野事務所は認定講師として対策講座を開催しています。試験の内容は労働社会保険関係の給与に関係する法令の理解力。給与計算の実務の能力が中心です。給与ソフトで単に計算するだけでなく、労働時間の把握の仕組みなど、会社のコンプライアンス遵守に役立つことが多いと思います。
毎回受験者が増えていることは徐々に資格の重要性が認識してきていると思います。今秋小野事務所は対策講座を開催する予定です。お問い合わせは小野事務所にお気軽にお問い合わせください。

0 コメント

マイナンバーコンサルについて

最近、101人以上のマイナンバー対策のコンサル業務が終了いたしました。何回か担当者と打合せをいたしました。そこの会社は保管は大手情報機器メーカーの保管システムを導入されるのですが、社労士がコンサルするのは組織的、人的安全管理対策が中心です。会社の担当者は、堅牢なシステムを導入すればそれで良いでしょうと勘違いしているケースがほとんどです。システムを導入しても社員の周知と管理ができていなければ、対策は完全ではありません。システムを提供しているメーカーは規定等はそれに付随する内容に見受けられます。

10人以上の会社は就業規則にマイナンバーの遵守規程を設けなくてはなりません。その必要性と対応を社労士は行います。会社のマイナンバー対応責任者の方はご確認してください。

0 コメント

マイナンバー対策準備

14日マイナンバー準備対策のコンサル行業務で170名規模の会社の社長、担当者と打ち合わせをいたしました。

前もってヒヤリングシートを渡しておきました。担当者が現状を記入いただいていたので1時間30分くらいで1回目が終わりました。

こちらの社長さんはマイナンバーについて危機感を持たれていて、コンサル業務もスムーズに進みました。

基本方針、管理規定、取扱マニュアル、業務フロー等作成し今月24日には1回目書類をご覧いただきます。

0 コメント

保険会社でマイナンバーの社員研修を実施しました。

保険業の会社で15名様のマイナンバー研修を行いました。平成28年1月から開始されますが、今から準備が必要です。小野事務所は日経新聞でも記事になった㈱ブレインコンサルタントのマイナンバー研修を修了しました。その内容をパワーポイントを利用し約1時間説明し、質疑応答30分を行いました。1回だけでは社員の皆さんには不十分と思いますが、重要な制度であること、個人番号が届いたらどうしたらいいのかご理解いただけたようです。

給与計算実務能力検定試験(3月22日)の試験管をしました。

第3回給与計算実務能力検定試験の第2級の試験が実施されました。無事終了しました。試験会場の設定から試験場での案内等致しました。結果は、6週間後発表されます。給与計算の担当者は給与計算をする上での基本的な労働社会保険法令の習得が必要です。時間外賃金の算定や勤怠管理など、基本的な仕組みを習得されることをお勧めいたします。公的資格で履歴書にも明記できます。次回は1級と合わせて11月になります。小野事務所では講義も実施予定です。

平成27年度介護報酬改定概要が決まりました。

介護給付費が下げられます。サービス事業者の皆さんはこれから本格的に対策されると思います。

利用者の負担も考えながらサービス事業者の経営安定をめざし、生き残り戦略をどうとるか手腕の見せ所です。改定内容は詳しくはこちらをご覧ください。

 

第119回社会保障審議会介護給付費分科会資料

 

 

続きを読む

医療労務コンサルタント研修に参加

12月11日、12日と医療労務コンサルタントに参加しましました。

平成26年10月1日 改正医療法が施行されました。第30条の13「病院又は診療所の管理者は、当該病院又は診療所に勤務する医療従事者の勤務環境の改善その他の医療従事者の確保に資する措置を講ずるよう努めなければならない」とあります。過酷な医療業界の労働環境の改善のために社労士が果たす役割は大きいものです。

医師、看護師、コ・メディカルと様々な資格者がおられます。労働者としの認識が浅く、特に医師の方は「医師は労働時間管理なんかできない」と言われる声が多いのが現状です。働き続け、休息を取れず、うつ病にかかってしまうケースがたくさんあります。社労士として少しでもお役に立てるよう国、県と協力して支援を行う中で、医療労務コンサルタント研修を修了した社労士にこの称号が与えられます。

今後、医療、介護業界は成長産業と言われますが、雇用環境は改善が必要です。

2025年問題を控え、今から取組まねばなりません。

0 コメント

11月21日下関市島田法律事務所主催の「中小企業に必要な視点と、企業としてのブランド戦略」というセミナーに参加しました。

11月21日下関市島田法律事務所主催の「中小企業に必要な視点と、企業としてのブランド戦略」というセミナーに参加しました。 地方の中小企業がいかにブランド力を付けて付加価値を生むかという セミナーです。社労士は単に労務管理だけでなく、企業を活性化するためのアドバイザーとしての役割が求められてくると改めて認識いたしました。講師の酒井光雄氏代表「ブレインゲイト㈱」は大変興味ある会社です。このようなセミナーを開催していただいた、しかも無料で参加させていただける機会を頂き島田法律事務所の弁護士島田直行先生には感謝いたします。

0 コメント

北九州商工会議所会員になりました。

4月1日に北九州商工会議所の会員になりました。

 

より一層の情報提供ができるよう大いに活動したいと思います。

0 コメント

管理職(リーダー)行動力アップフォローアップ研修を実施しました。

8月8日(火)「管理職行動力アップフォローアップ研修」を実施しました。参加者9名でした。4月に実施しました導入研修から3ヶ月経過し、自分プロジェクト、行動改善目標の進捗状況。リーダーとしての行動に対する360°評価との違いの認識。新しい自分プロジェクト、行動改善目標の対策を1日かけて作りました。参加者の行動をレポートを通じて注視し、11月の完成研修には360°評価と自己評価が80点以上なることを目指します。

続きを読む 0 コメント

給与計算実務能力検定試験対策模擬試験講座を開催しました。

10月76日福岡市で給与計算実務能力検定試験対策模擬試験講座を開催いたしました。本試験と同じ2時間を受験後、公式テキスト、資料、パワーポイントを利用して解説講義を午後1時から午後6時まで行いました。11月5日の本試験に向けて勉強を継続してください。

0 コメント

小野事務所通信8月号を発行しました。

いつもお世話になります。社会保険労務士小野事務所です。

暑いが続きます。体調管理しましょう。

 

小野事務所8月号を発行しました。

1.平成29年度税制改正で、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ、平成30年分以後の所得税から適用されることになっています。

 

    今回から数回に分けて、ポイントを紹介します。

   

2.平成29年8月1日から、雇用保険の高年齢雇用継続給付の支給限度額、育児休業給付・介護休業給付の計算に用いる休業開始時の賃金日額の上限等が変更されます。

詳細は下記をご参照ください。

 

小野事務所通信8月号

 

続きを読む 0 コメント

小野事務所通信7月号を発行しました。

梅雨開けしました。

小野事務所7月号を発行しました。

 1. 平成30年4月1日から、精神障害者の雇用が義務化され、法定の障害  

  者雇用率の算定式に精神障害者が追加されることが決定しています。

 

2.労働時間とは、使用者の指揮命令下に置かれている時間のことをいい、使 

 用者の明示又は黙示の指示により労働者が業務に従事する時間は労働時間に

 当たる。そのため、次の①から③のような時間は、労働時間として扱わなけ

 ればならないこと。

 

 ただし、これら以外の時間についても、使用者の指揮命令下に置かれている 

 と評価される時間については労働時間として取り扱うこと。

 なお、労働時間に該当するか否かは、労働契約、就業規則、労働協約等の定 

 めのいかんによらず、労働者の行為が使用者の指揮命令下に置かれたものと

 評価することができるか否かにより客観的に定まるものであること。また、

 客観的に見て使用者の指揮命令下に置かれていると評価されるかどうかは、

 労働者の行為が使用者から義務づけられ、又はこれを余儀なくされていた等

 の状況の有無等から、個別具体的に判断されるものであること。

使用者の指示により、就業を命じられた業務に必要な準備行為(着用を義務付けられた所定の服装への着替え等)や業務終了後の業務に関連した後始末(清掃等)を事業場内において行った時間

使用者の指示があった場合には即時に業務に従事することを求められており、労働から離れることが保障されていない状態で待機等している時間(いわゆる「手待時間」)

参加することが業務上義務づけられている研修・教育訓練の受講や、使用者の指示により業務に必要な学習等を行っていた時間

詳細は下記をご参照ください。

 

小野事務所通信7月号

 

続きを読む 0 コメント

小野事務所通信6月号を発行しました。

梅雨に入りましたね。

北九州も郊外に行くと水を張った田んぼが見受けられるようになりました。

小野事務所6月号を発行しました。

中小企業の人手不足の現状・対応を中小企業白書から記載しました。

ご参考いただければ幸いです。

 

小野事務所通信6月号

 

続きを読む 0 コメント

管理職(リーダー)行動力アップ研修を実施しました。

続きを読む 0 コメント

雇用保険料率が平成29年4月から引き下がります。

平成29年3月31日国会で「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が成立しました。

 

内容は一般の事業が11/1000が9/1000となります。

下記をご参考にしてください。

 

平成29年4月から雇用保険料率が引き下がります。

 

給与計算等ご確認しましょう。

続きを読む 0 コメント

給与計算実務能力検定試験の試験監督官無事終了。

3月20日(月)14:00~16:00給与計算実務能力検定試験(2級)が開催されました。試験会場はももちパレスでした。

回を増すごとに受験者数が増えていますね、合格レベルは今回どんなものでしょうか。

育児休業している方や資格取得を目指したい方は一度内容を調べてみて下さい。

小野事務所は対策講座を開催しています。

お問い合わせはお気軽に連絡ください。

 

続きを読む 0 コメント

小野事務所通信3月号を発行しました。

梅の花も終わりに近づいてきました。

河津桜が名所では満開のようです。春がすぐそこまで近づいてきました。

年度末や新年度を控えあわただしくなりました。

小野事務所3月号を発行しました。

今年は法改正の施行や新しい法律の成立が国会で審議されています。

主な事務所通信の内容はやはり5月30日施行の個人情報保護法の施行です。

ご参考いただければ幸いです。

 

小野事務所通信3月号

 

続きを読む 0 コメント

望月人事クラブ研修に参加

少し遡りますが、2月10日(金)人事政策研究所望月人事クラブの研修に参加しました。この日は冬型の気圧配置が強まり、山口、広島、岡山の新幹線沿線は冬景色が車窓より見られました。

10:30から17:30までの研修でしたが、内容は

仕事力を高める思考力のアップです。

これまでは行動力アップを中心に研修しましたが、戦略や商品開発、組織開発を進めるうえで仮説力、分析力、構築力、表現力を身につけるための思考力のプラスの方法です。

BS法、ロジックツリー、クロスSWOTなどを研修しました。これまでの研修を確認した内容です。参加予定の方にはインフルエンザで参加できない方もおられました。小野事務所としては中小企業の事業主にご提案して研修を進めてまいります。

続きを読む 0 コメント

小野事務所通信2月号を発行しました。

ご不明な点やご質問などございましたお気軽にお問い合わせください。
続きを読む

給与計算実務能力検定試験対策講座を開催します。

3月20日(月・祝)に第7回給与計算実務能力検定試験が実施されます。

正しい給与計算の方法としくみがわかるようになります。

試験管も過去いたしましたが、年々受験者数も増えています。合格率は少し下がっているようです。

公的資格で履歴書にも記載できます。なにより、給与計算の基礎と労務管理や社会保険の適用や保険料の計算の基礎が学べます。私は認定講師および北九州事務局として携わっています。今回は北九州市で実施することになりました。

開催日  2級対策講座 平成29年3月4日(土)9:30~17:30

           北九州パレス(北九州市小倉北区井堀5‐1-3

     2級模擬試験講座 平成29年3月11日(土)13:00~18:00

 

お気軽に問い合わせください。

続きを読む

明けましておめでとうございます。小野事務所通信1月号を発行しました。

あけましておめでとうございます。

小野事務所通信1月号を発行いたしました。

平成29年1月からの制度変更を掲載。主な内容は

1.雇用保険法の改正 

れまで適用除外として取り扱っていた65歳以上の従業員が、週20時間以上働くなどの要件を満たす場合には、高年齢被保険者に該当することになるため、ハローワークへの届出が必要となります。

2.育児・介護休業法の改正

 

この改正に伴い、企業における就業規則(別途定めた育児・介護休業規程などを含む)の改定も必要となります。

3.社会保険におけるマイナンバーの取扱

 

企業から全国健康保険協会、日本年金機構(年金事務所)に提出する上記の書類については、当分の間、改正前の様式を使用する(個人番号の記入は不要)こととされています。マイナンバーに関する情報についても、引き続きお伝えしていきます。

4.所得税の配偶者控除の見直しの概要

平成2812月、自民・公明両党は「2017年度税制改正大綱」を決定しました。

最も話題を集めたのは、所得税の配偶者控除の見直しです。その他、企業の競争力強化を意識した減税措置も盛り込まれています。配偶者控除の見直しについて、概要を見ておきましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

小野事務所通信1月号

 

 

 

ご不明な点やご質問などございましたお気軽にお問い合わせください。

続きを読む 0 コメント

雇用保険の適用拡大が平成29年1月1日より開始されます。

平成29年1月1日より65歳以上の方も雇用保険の適用対象になります。

1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上雇用の見込みがある方は労務担当者の方は確認しましょう。詳しくは下記の書面をお読みください。

 

雇用保険の適用拡大について

続きを読む

管理職(リーダー)行動力アップ研修を実施しました。

11月8日(火)管理職行動力アップ研修を実施しました。参加者6名でした。グループを2つに分けて管理職の3大任務、業務分析、管理職としての行動分析、部下とのケーススタディを演習を交えて行い。最後は明日からの行動改善目標を作成しました。明日からの行動改善のチェックと次なる行動を確実に進め。業績向上、部下育成、人間力向上を身につけてください。

続きを読む 0 コメント

第6回給与計算実務能力検定試験が実施されました。

10月30日(日)第6回給与計算実務能力検定試験が終了いたしました。福岡会場はももちパレスで行われました。

皆さん出来はいかがだったでしょうか。私の知り合いも3人受験されました。感想として、勉強していれば合格点は取れると思いますが、少し大丈夫だろうと思って初めて試験を受けられた方は少しとまどったのではないでしょうか。小野事務所は公式対策講座を開催しています。資格や試験について尋ねたい方は小野事務所までおといあわせくださいね。また、試験に来年の受験を考えている方は講座利用も考えてみてください。

0 コメント

給与計算実務能力検定試験模擬試験講座開催しました。

給与計算実務能力検定試験模擬を北九州パレスで開催しました。参加いただいた皆様お疲れ様でした。本試験と同じ構成で試験時間2時間、その後解答の勉強、ポイント、覚えるべき事項などおさらいしました。

この試験は簡単そうですが、基礎知識と計算手順をしっかりしておかないと合格におぼつきません。本番は10月30日です。しっかり復習して合格を勝ち取りましょう。

0 コメント

給与計算実務能力検定試験対策講座を開催しました。

10月1日福岡市で給与計算実務能力検定試験対策講座を開催いたしました。公式テキスト、資料、計算問題をパワーポイントを合わせて午前9時30分から午後5時30分までの少し長い時間でした。皆さんお疲れ様でした。10月30日の本試験に向けて勉強を継続してください。

0 コメント

日本年金機構からの調査について

 

算定基礎届の手続きで事業所の担当者の方はお忙しい時期と思います。

 

この時期に社会保険の調査の案内が来ます。「全国健康保険協会管掌健康保険及び厚生年金保険被保険者の資格及び報酬等の調査の実施について」という通知です。

 

  1. 提出する書類は

  2. 労働者名簿、雇用契約書

  3. 源泉所得税領収証書・個人別所得税源泉徴収簿

  4. 出勤簿又はタイムカード
    上記に加えて

  5. 事業所名、所在地のゴム印及び社印・代表社印(持ち出し可能な場合)

  6. 算定基礎届等

     

    本年10月から社員数500名以上の会社には健康保険・厚生年金保険の適用拡大が施行されます。未加入の確認や報酬額が適正に申告してあるか係りが調査します。

    日頃より適正に処理し、申告しましょう。いずれ、マイナンバーが年金関係にも運用が始まります。大変ですが会社のコンプライアンス遵守を徹底しましょう。

 

人事政策研究所の研修に参加しました。

管理者向け行動力アップ研修

続きを読む

給与計算実務能力検定試験の試験管を致しました。

3月21日(月)給与計算実務能力検定試験の試験管を致しました。試験会場は福岡会場はももちパレスでした。試験時間は14:00~16:00 今回で3回目の試験管ですが、無事終了できてほっとしています。この資格は公的資格で履歴書にも記載ができます。今回5回目の試験ですが、毎回受験者数が増えています。特に女性の方が多く、8割くらいです。今回は2級の試験ですが、1級もあります。1級は年1回昨年は11月に実施されました。小野事務所は認定講師として対策講座を開催しています。試験の内容は労働社会保険関係の給与に関係する法令の理解力。給与計算の実務の能力が中心です。給与ソフトで単に計算するだけでなく、労働時間の把握の仕組みなど、会社のコンプライアンス遵守に役立つことが多いと思います。
毎回受験者が増えていることは徐々に資格の重要性が認識してきていると思います。今秋小野事務所は対策講座を開催する予定です。お問い合わせは小野事務所にお気軽にお問い合わせください。

0 コメント

マイナンバーコンサルについて

最近、101人以上のマイナンバー対策のコンサル業務が終了いたしました。何回か担当者と打合せをいたしました。そこの会社は保管は大手情報機器メーカーの保管システムを導入されるのですが、社労士がコンサルするのは組織的、人的安全管理対策が中心です。会社の担当者は、堅牢なシステムを導入すればそれで良いでしょうと勘違いしているケースがほとんどです。システムを導入しても社員の周知と管理ができていなければ、対策は完全ではありません。システムを提供しているメーカーは規定等はそれに付随する内容に見受けられます。

10人以上の会社は就業規則にマイナンバーの遵守規程を設けなくてはなりません。その必要性と対応を社労士は行います。会社のマイナンバー対応責任者の方はご確認してください。

0 コメント

マイナンバー対策準備

14日マイナンバー準備対策のコンサル行業務で170名規模の会社の社長、担当者と打ち合わせをいたしました。

前もってヒヤリングシートを渡しておきました。担当者が現状を記入いただいていたので1時間30分くらいで1回目が終わりました。

こちらの社長さんはマイナンバーについて危機感を持たれていて、コンサル業務もスムーズに進みました。

基本方針、管理規定、取扱マニュアル、業務フロー等作成し今月24日には1回目書類をご覧いただきます。

0 コメント

保険会社でマイナンバーの社員研修を実施しました。

保険業の会社で15名様のマイナンバー研修を行いました。平成28年1月から開始されますが、今から準備が必要です。小野事務所は日経新聞でも記事になった㈱ブレインコンサルタントのマイナンバー研修を修了しました。その内容をパワーポイントを利用し約1時間説明し、質疑応答30分を行いました。1回だけでは社員の皆さんには不十分と思いますが、重要な制度であること、個人番号が届いたらどうしたらいいのかご理解いただけたようです。

給与計算実務能力検定試験(3月22日)の試験管をしました。

第3回給与計算実務能力検定試験の第2級の試験が実施されました。無事終了しました。試験会場の設定から試験場での案内等致しました。結果は、6週間後発表されます。給与計算の担当者は給与計算をする上での基本的な労働社会保険法令の習得が必要です。時間外賃金の算定や勤怠管理など、基本的な仕組みを習得されることをお勧めいたします。公的資格で履歴書にも明記できます。次回は1級と合わせて11月になります。小野事務所では講義も実施予定です。

平成27年度介護報酬改定概要が決まりました。

介護給付費が下げられます。サービス事業者の皆さんはこれから本格的に対策されると思います。

利用者の負担も考えながらサービス事業者の経営安定をめざし、生き残り戦略をどうとるか手腕の見せ所です。改定内容は詳しくはこちらをご覧ください。

 

第119回社会保障審議会介護給付費分科会資料

 

 

続きを読む

医療労務コンサルタント研修に参加

12月11日、12日と医療労務コンサルタントに参加しましました。

平成26年10月1日 改正医療法が施行されました。第30条の13「病院又は診療所の管理者は、当該病院又は診療所に勤務する医療従事者の勤務環境の改善その他の医療従事者の確保に資する措置を講ずるよう努めなければならない」とあります。過酷な医療業界の労働環境の改善のために社労士が果たす役割は大きいものです。

医師、看護師、コ・メディカルと様々な資格者がおられます。労働者としの認識が浅く、特に医師の方は「医師は労働時間管理なんかできない」と言われる声が多いのが現状です。働き続け、休息を取れず、うつ病にかかってしまうケースがたくさんあります。社労士として少しでもお役に立てるよう国、県と協力して支援を行う中で、医療労務コンサルタント研修を修了した社労士にこの称号が与えられます。

今後、医療、介護業界は成長産業と言われますが、雇用環境は改善が必要です。

2025年問題を控え、今から取組まねばなりません。

0 コメント

11月21日下関市島田法律事務所主催の「中小企業に必要な視点と、企業としてのブランド戦略」というセミナーに参加しました。

11月21日下関市島田法律事務所主催の「中小企業に必要な視点と、企業としてのブランド戦略」というセミナーに参加しました。 地方の中小企業がいかにブランド力を付けて付加価値を生むかという セミナーです。社労士は単に労務管理だけでなく、企業を活性化するためのアドバイザーとしての役割が求められてくると改めて認識いたしました。講師の酒井光雄氏代表「ブレインゲイト㈱」は大変興味ある会社です。このようなセミナーを開催していただいた、しかも無料で参加させていただける機会を頂き島田法律事務所の弁護士島田直行先生には感謝いたします。

0 コメント

北九州商工会議所会員になりました。

4月1日に北九州商工会議所の会員になりました。

 

より一層の情報提供ができるよう大いに活動したいと思います。

0 コメント

ホームへ
ホームへ