賃金テーブルシミレーション作成フォーム

EXCEL VBA を活用して作成しました。等級数(等級を6等級と設定します。)号棒数(各等級の階層の数)号棒給 等級の最下位の等級基本額を入力 (例100000) 号棒差(号数の差の金額(例、1号棒と2号棒の差200円) 等級給の基準額(等級給は評価S.A.B.C.D)で設定します。Bランクの額を入力。評価差はBとAの差額 通常は5%~10%の差を設定します。月平均所定労働時間数は割増賃金の時間単価を自動で計算します。定額時間外労働時間数は例えば25時間と設定すると号棒給と等級給の合計から算出します。

1等級から6等級まで入力しコマンドボタンを押すとすべての賃金テーブルを作成します。作成されて賃金テーブルは外部出力します。

 

賃金テーブルシミレーションは評価に基づき、会社に最適な賃金テーブルを作成します
賃金テーブルシミレーション

出力された賃金テーブルシミレーション表


小野事務所は社員は資産と考えて生産性向上に不可欠と考えています。
人事・賃金制度

採用から退職までケースに応じた管理を案内。
労務管理
人事評価の基本からコンピテンシー評価基準まで案内。
人事評価
働き方改革関連法案対策と同一労働同一賃金対策を案内
働き方改革関連法案対策
オフィスステーション給与計算の案内
給与計算