給与計算

給与計算は、会社の諸規程と法律に基づいた支給金額から、健康保険(介護保険)、厚生年金保険及び雇用保険の保険料といった社会保険料と所得税及び住民税といった税金を控除して、各社員に支払う給与の額(手取り分)を計算することをいいます。

小野事務所は給与計算実務及び給与計算の検定資格講座を開催しています。現在は、給与ソフト、勤怠ソフトが開発され、マニュアル通り操作すれば正しく行えるように考えられますが、給与計算は100社の給与計算があれば、100通りの給与計算が行われています。ポイントは

 

1,正しく勤怠管理ができているか。時間外労働や休日勤務、夜勤勤務の割増ができているか。

 

2,割増賃金の基礎になる時間給が正しく計算されているか。

 

3,社会保険料の料率が最新の料率に更新されれているか。

 

4,扶養親族が正しく反映されているか。


小野事務所は、働き方改革、同一労働同一賃金、社会経済環境のIT化への激変に対応するため。給与計算を依頼される企業へ

1,勤怠管理は、正しくルールを作り、社員の周知し、運用する。クラウドシステムの勤怠管理管理システム導入をお勧めします。

 

2,給与計算は、オフィスステーションの給与計算を企業と小野事務所が社員の雇用状況及び勤怠状況を共有化し、企業担当者が給与計算を確実にできるように支援します。小野事務所は給与計算に関する相談やお問い合わせに対応します。月次の給与計算や賞与計算も企業担当者が給与計算した内容を小野事務所がチェックし、社員に配信、配布するシステムを提供いたします。

電子化に対応した、紙不要のWeb給与明細、希望に応じた紙配布、PDF送信も

オフィスステーションの給与計算を利用し運用できます。 

 

3,給与計算の過程で、勤怠で修正や気づきがあれば、企業にアドバイスし雇用管理の変更や変更に関するコンプライアンスを指導いたします。

  

ご要望がありましたら遠慮なくお申し付けください。

 

給与計算の報酬表は左図をクリックしてください。

 


ホームへ
ホームへ

採用から退職までケースに応じた管理を案内。
労務管理
人事評価の基本からコンピテンシー評価基準まで案内。
人事評価
働き方改革関連法案対策と同一労働同一賃金対策を案内
働き方改革関連法案対策
オフィスステーション給与計算の案内
給与計算