コンピテンシー人事評価・賃金制度


コンピテンシー氷山図
コンピテンシー氷山図

人事評価制度、資格制度、賃金体系、処遇をコンピテンシー評価導入で業績向上、社員の人材育成を合わせて企業にご提案します。働き方改革が推進される中、雇用管理制度の見直しを希望される企業は増えています。特に人材育成、人材の適正配置は企業の生き残り、後継者育成にも不可避と考えています。


 コンピテンシーとは

  歴史について

 

1970年代に心理学者のアメリカのマクレランドが高業績者はIQよりは動機や性格などの心の内面を原動力とする行動により成果や目標を達成していると唱えました。

 

マクレランドの後継者ボヤツィスが有能なマネージャーの心理学的に測定した行動と高業績と因果関係の強さを相関係数で証明し、その行動をコンピテンシーと名付け1982年「Ccompetent Manager」を著しました。ボヤツィスの後継者スペンサーは企業指導の実績を踏まえ、総合的で実用的な「Competence at Work」を刊行しました。この本はコンピテンシーの定本的な存在になりました。

  

コンピテンシーの定義とスポーツ選手の例

 

イチロー選手の成果は、首位打者、盗塁王、完璧な守備です。彼が見せたコンピテンシーは、打って安打、走って盗塁、守って美技です。このコンピテンシーは外に見える能力(体力、野球理論)、技能(動体視力、運動神経)に加え、見えない部分に、自己管理、成果はプロセスの積み重ね、バッターボックスに入るまでの一連の準備で使命感を確認、や機移動の追及などが根底にあることを彼は協調しています。単なる技能だけでは普通の選手のレベルにとどまるでしょう。コーチの良し悪しは見えない部分の指導ができるか否かで決まるでしょう。私たちの身の回りにいる「高業績」は、外面の知識、技能もさることながら、内面の心の部分、わけても「動機」が普通の人と異なる構造になっていることに気が付くでしょう。

  

コンピテンシーとは、心理学でいう「高業績者」の成果達成の行動特性です。日本の風土でいえば「実力」となります。

 

「実力」とはあるレベルの業績(目標・成果)を偶然でなく、意図して反復して繰り返し達成する能力、たとえば100m10秒台で走る選手がいるように、ある業績を必ず達成する能力を「実力」と考えることができます。

  

この「実力」は顕在化されたもので、肉体的には100メートルを10秒台で走れる「保有能力」を備えていることとは区別できます。

  

成果を生むには能力に行動が必要です。

 


 2