医療・介護事業所のみなさまへ フィッシュ導入研修のご案内

世界一活気にある魚市場に学ぶ職場改善研修。ズバリ『フィッシュ』導入の目的は『楽しく働く』

ことにあります。組織改革の切り口は様々ですが、この『フィッシュ』は働く従業員の心の持ち方にスポットを当てることで4つの効果が期待できます 医療介護の分野で導入と実践の取組が行われています。


目的は「楽しく働く」そうすることで ①退職率の改善 ②新人定着率の向上

②従業員満足度の向上 ④顧客満足度の向上


 本研修では事前に職場アンケートを実施し従業員の皆さんが職場の中で①自分自身について②人間関係について③チームについてどのような思いを持っているのか調査いたします。研修後、4か月後再度アンケートを取り職場の現状を調査し次の課題に取り組みます。この研修は強制でなく取り組んでみたいという管理職(リーダー)の気持ちと職員が「取り組んでみよう」という職場から先ず導入することを勧めています。これに管理職研修やコンピテンシー研修(行動特性))を組み合わせて行う研修も導入できます。

 

フィッシュ哲学とは

1.仕事を楽しむ  2.相手を楽しませる  3.相手と向き合う 4.態度を決める⇒つらい仕事もポジティヴに取り組めばエネルギーと創造力が湧いてくる。

導入手順

◆研修1月前→参加者に書籍『フィッシュ!』の提示

参加施設に「アンケート」の提示⇒事前にアンケートを取ります。

研修の開始前に職場のアンケートを無記名でとり、データを円グラフでまとめます。

◆導入研修の実施(カリキュラム参照)

1回活動状況レポートの提出(4か月間実施) →『月刊 フィッシュ!通信』(小野編集)の発行 各施設への取材

参加施設に「アンケート」の提示

研修実施後56か月後 完成研修=効果測定研究会 自施設が、どう変わったか?

 

フィッシュ導入研修カリキュラム

 

(1)フィッシュ!とは?※40分

 ①テキストで概要説明

②DVD視聴(フィッシュ!2本)

(2)体感ワーク①(フラフープ)※10

  45名のグループでワーク

(3)体感ワーク②(ポストイット)※15

  参加全員参加

(4)体感ワーク③(ジェスチャー)※20

  態度を決める実演

(休憩)※10分間

(5)フィッシュ取組内容の個人アイデア出し ※25

 ①フィッシュ取組内容の哲学別担当グループ分け

 ②フィッシュ取組内容の個人アイデア出し(4哲学全て)

(6)フィッシュ取組内容の決定 ※50分

①各個人のアイデアを担当グループに渡す。

②担当グループで取り組みたい内容を模造紙にまとめる。

③担当グループが全体にプレゼンし、取組内容と責任者を決める

 

(終了)

 

 

とても楽しく、グループワークもあり有意義なカリキュラムです。お気軽に小野事務所にお問合せ下さい。 

人材育成
人材育成