同一労働同一賃金対策

同一労働同一賃金の対策は会社に人事評価制度と処遇の賃金、賞与、退職金の制度を整備することが必要です。退職金は義務ではありませんが、正社員に退職金があるのに、ほぼ同じ労働時間、職務、責任、であれば非正規社員にも必要でしょう。

人事評価で評価点数に差が出れば賃金も異なる合理的な理由になります。社員一人一人のモチベーション、人材確保の点からも導入は必須です。更に生産性を向上するには評価制度と処遇と人材育成を合わせた雇用管理制度を作りましょう。

人事評価制度を作るには下記の手順で行います。

 

1、資格制度を作る

2、職種別の等級制度をを作る。

3、職種ごとの評価項目を作成する

4、業績評価項目とウェイトを作成する。

5、評価の時期を決定する。

6、評価者研修をおこなう

7、社員説明会を行う

8、評者委員会を設置する

 

評価制度は分かりやすく、運用しやすいものを作ります。人事評価制度は生産性向上、人材育成に結びつけなければ意味はありません。

ホーム
ホーム