助成金について


助成金は受給できるために支援することはもちろんですが、助成金の取組をするうえで、人事管理や人事評価を整備することをお勧めいたします。キャリアアップ助成金は社内で人事評価が必要なものがありますが、中央職業能力開発協会の職務能力基準を活用しわかりやすい人事評価制度導入を支援いたします。


平成29年度助成金について

厚生労働省より発表されている。主な助成金は下記となります。

詳しくは厚生労働省のサイト事業主の方のための雇用関係助成金 をご覧ください。

 

  1.  従業員の雇用維持を図る場合の助成金
  2.  離職者の円滑な労働移動を図る場合の助成金
  3.  従業員を新たに雇い入れる場合の助成金
  4. 従業員の処遇や職場環境の改善を図る場合の助成金
  5. 障害者が働き続けられるように支援する場合の助成金
  6. 仕事と家庭の両立に取り組む場合の助成金
  7. 従業員等の職業能力の向上を図る場合の助成金
  8. 労働時間・賃金・健康確保・勤労者福祉関係の助成金

 

 


小野事務所の支援について

小野事務所の支援について キャリアアップ助成金を申請する場合です。

  1. 事業所に活用できる助成金を提案します。
  2. 計画届を労働局に提出いたします。
  3. 就業規則を作成又は変更します。
  4. 人事評価制度を作成します。
  5. 人事評価規程を作成します。
  6. 面接や筆記試験の提案を致します。
  7. 助成金の支給申請書を作成します。
  8. 労働局に提出代行いたします。

 

平成29年4月1日からキャリア形成促進助成金は人材開発支援助成金と名前が変更となりました。詳しくは下記サイト(外部)をご覧ください。
昨年度からの主な変更内容は以下となります。


助成金診断

あなたの会社が助成金の受給要件にあるか診断できます。不明な点はお気軽に小野事務所にお問合せ下さい。

助成金受給には期間が必要です。準備を正しくしなければ、申請時に却下される場合があります。手順と準備を正確にご案内し、事業所に合致した助成金受給を支援します。


ホームへ
ホームへ