· 

島田弁護士のzoomセミナーに参加しました。

8月4日下関の島田弁護士のセミナーに参加しました。テーマは「重大労災事故。社労士としておさえること」
労災で死亡、重篤な身体障害が発生した場合、刑事裁判、民事裁判に及ぶ場合があります。その際の会社のリスクを抑えるためのポイントとして

1,被害者及びその家族に誠意を示すこと。そのアドバイスを社労士が行うこと

2,事故報告は正確に。安衛法を意識した内容を作成すること。あとで裁判官の判断材料になる場合がある。

3,民間の使用者賠償責任保険を活用すること。会社の財政リスク軽減と裁判での好材料になる場合がある。

4,損益相殺や支払猶予を検討し活用すること

社労士の役割としては、初期対応と弁護士との連携で貢献することです。いつも島田先生のセミナーは経験に基づき、多くの本も出されて、説得性があり。わかりやすく解説頂けるので感謝しています。


採用から退職までケースに応じた管理を案内。
労務管理
人事評価の基本からコンピテンシー評価基準まで案内。
人事評価
働き方改革関連法案対策と同一労働同一賃金対策を案内
働き方改革関連法案対策
オフィスステーション給与計算の案内
給与計算